2006年07月09日

apache2でphp5を使えるように設定する(SUSE Linux編)

なにはなくともYaST2を起動する。

ネットワークサービス→HTTPサーバをクリックして「HTTPサーバの環境設定」を表示する。
モジュールを選択して「編集」をクリック。

HTTPサーバの環境設定

「サーバモジュール」が表示されたら、「php5」を探し出して、「ステータスの切り替え」をクリックする。状態が「有効」になればOK.

サーバモジュール

その後はOKだの完了だの押していけば、apache2の設定ファイルが書き換えられた後、apache2の再起動が行われる。

適当なPHPスクリプトを作って、動作確認しておしまい。



もーさ、PHP動かすだけでおなかいっぱい('A`)
posted by tara at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | SUSE
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20507934


Excerpt: ApacheApache HTTP Server(アパッチ エイチティーティーピー サーバ)は、世界中でもっとも使われているWebサーバソフトウェアであり、大規模な商用サイトから自宅サーバまで幅広く利..
Weblog: インターネット大辞典
Tracked: 2007-08-07 08:09
88-31-1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。